包装容器という贅沢

現代は物が溢れている時代ですから気付くこともありませんが、食品の包装容器は実は贅沢品でもあります。昔は選択肢が限られる中で、一人一人が工夫を施して食品の容器に代えていました。例えば某化学調味料のメーカーは戦時中、統制品である調味料を手頃な価格で消費者に届けることが叶わず、お座なりの入れ物に入った調味料が裏の世界で出回っていました。金属も不足していたため、缶に入れることさえできなかったのです。その「入れ物」は、紙を丸めて箱型に変形したシンプルなもので、そこにパラフィン紙に包んだ調味料を入れていました。もちろん正規ルートのものは格好も良く、業務用なら紙ギール缶に大量に入っていましたし、美人画が印刷された缶に入ったものもありました。しかし一般市民がそれらの入手に与ることはなく、レストラン等で誇らしげに飾ってあるのを横目に我慢していたのです。
戦後もしばらくは食糧難と共に、「容器難」の時代が続きました。調味料に絞れば容器の主流はガラス瓶で、詰め替え用のポリエチレン袋がある程度に過ぎませんでした。しかしそれでも限られた素材を使って様々な改良が重ねられ、消費者の利便性に貢献することが包装材メーカーの使命でした。この点は今も昔も変わりません。例を挙げましょう。今ではあまり考えることも無い、調味料容器の振り出し口ですが、終戦から10年経った頃は、その設計に関して色々な噂が飛び交いました。「メーカーが売上を伸ばすために穴を大きくしている」といったデマが典型例です。容器のパターンが少なかったために、そのようなたわい無い噂が生じることになったのでしょう。もちろん当時のメーカーにそのような意図はなく、真相は技術の進化にありました。化学調味料は、結晶の大きさと母液の純度とが相関しています。戦前は純度の低い母液しか造れなかったため、結晶が小さかったのですが、戦後は純度の高い母液を造ることに成功し、結晶が大きくなったのです。振り出し口の穴の拡大にはそのような背景があったわけです。

包装材、梱包材のリサイクルで地球を守ろう!