クッション性

お皿や、ガラスの割れものを、ショップで購入すると、大抵、店員さんが商品を包んでくれるシートは、「緩衝シート」と呼ばれるものです。ポリエチレンという素材から出来ているものがほとんどで、特徴としては、布のように、壊れ物を優しく包み込む事で、破損を防ぐ役割をしてくれます。長所として、多くの店舗で使用されているのは、原材料が安価である事と、対象物によって加工が簡単に手が加えられる点が挙げられます。吸収性がほとんどないので、防水性が高いと言われていますが、熱や火に弱く燃えやすいので、ご家庭での火の気のある場所での使用には要注意が必要です。また、布や包装紙のように、くるくると様々な形状の物に巻き付ける事は可能ですが、包装紙のように、シート自体に印刷をする事が困難な素材ですので、大抵の場合の色見は、白であります。引っ越しの際に、お皿を梱包する時などは、食器と食器の間に挟み込みますが、緩衝シート自体には、クッション性は低いと言われ、シートを丸めたりする事で、衝撃を受け止めるクッション性を持たせる事もあります。熱や火に弱い事に加え、粘着性に弱い点があり、ショップなどで、商品に巻き付いた物をコレクションしようとしても、セロハンテープを剥がすと、穴が空いてしまう事が多くあり、なかなか、コレクションに苦悩するアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です