エアー緩衝材

エアー緩衝材は、空気緩衝材とも呼ばれ、薄手のビニールに空気が入ったクッションや、空気の入った枕などと表現されます。何よりも、その緩衝性能が優れている事で、注目されていますが、プラスアルファとして、箱に詰め込んだ商品を美しく魅せる緩衝材でもあります。内容物は空気ですので環境にも優しく、優れた緩衝性能を持ち合わせた、ビジュアル系の緩衝材です。良い点ばかりに聞こえますが、空気がかさばるので、保管場所に苦悩する事がほとんどです。そんな、空気緩衝材が、自宅で簡単に作れるといった、空気緩衝材の製造機が、最近、世に出回り始めたようなのです。使用する時に、その場で空気を注入する事で、保管場所をムダに取らずに、使いたい時だけ、使いたい数分の空気緩衝材を作成できるようです。空気緩衝材は、緩衝材の中でも、様々なフォルムが存在し、形状によって、キルト布のような姿の「キルト」や、泡をイメージする「バブル」なんて呼び方で、呼ぶ人々もいます。オーソドックスにクッションや枕とも呼びますが、枕を、ピロー呼ぶ人も居て、愛称のバリエーションは、形状分だけ、まだまだ増えそうです。空気の緩衝材なので、中に詰めた内容物が、半透明の空気のバッグから、透けてみえるのが好きです。重量物や、ワインなどの瓶のボトルにも、特殊に対応したスタイルもあって、オシャレなビジュアル系緩衝材として、今後の活躍が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です