アクティブバリア材適用の無菌包装

アクティブバリア材の適用として、無菌包装米飯にPPトレイと脱酸素剤を組み合わせた包装が従来採用されてきましたが、これに代わって、還元鉄系アクティブバリア容器を適用した製品が増加しています。このシステムは、袋入り脱酸素剤の誤用防止や電子レンジ適性の向上といった利点があり、米飯の無菌包装では、トレイ容器内の酸素濃度を内容品の充填直後から低レベルにするために、①無菌的に炊飯する工程で米飯内に含まれる溶存酸素を排除②高純度窒素を用いた無酸素充填システムによりトレイ内ヘッドスペースの酸素を排除③酸素吸収性のあるトレイにより外部から侵入する酸素を遮断し、容器内の残存酸素を吸収できる、という3点の配慮がなされています。無酸素充填包装を行う装置では、容器に内容品が充填され、まずヘッドスペースの空気は加熱水蒸気で置換されます。次のステップでは、高純度の窒素がフラッシュされ、ヘッドスペースの雰囲気は高純度窒素と少量の水蒸気となります。ついで蓋材が供給され、ヒートシールと冷却が行われます。内容品の温度が常温になった状態で、ヘッドスペースは少し減圧の状態となり、外観特性も良好です。また、減圧の状態を変位センサーで検査することにより、密封状態の管理を行うことも可能となります。このような装置で作られたトレイでは、酸素吸収層の外側にエパール(EVOH樹指)層が設けてあり、外部からの透過により酸素吸収層に到達する酸素の量を低減することにより、酸素吸収層が蓋から透過してきた内部の酸素を十分に捕捉できるような設計となっています。この容器とガスバリア材にEVOHを使用したPP系の容器の充填を行った後の容器内の酸素濃度変化は、容器内は長期間にわたって好気性微生物の増殖が不可能な酸素濃度レベルに保たれています。一方通常のガスバリア性プラスチック容器を用いた場合、容器内酸素濃度が上昇するため、微生物増殖の危険性が出てきます。このように、高純度窒素による充填時の窒素置換と容器の適用を組み合わせることにより、いろいろな特長をもつ無菌米飯包装システムが確立されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です