包装材料のガスバリア性

種々のバリア材料の開発が行われ、それらの包装材料について、各方面から報告されています。エチレンビニルアルコール共重合体(EVOH) を含む10種類の包装材料の保香性を13種類の香料、晴好品などを対象に比較評価し、EVOHやKOPVAなどガスバリア性の良好なフィルムほど保香性に優れていることが示されています。EVOHとポリプロピレンとを積層して2軸延伸した多層フィルム(バリアスターBS) を含む8種類の包材の保香性が、17種類の調味料、晴好品、芳香物質を対象に比較評価されており、バリアスターBSはPVDCコートOPP(KOP、KOPP)、PVDCコートセロハン(KPT)、PVDCコートナイロン(KON)と同程度に優れた保香性を示すことが報告されています。ポリアクリロニトリル(PAN)系フィルムを含む4種類のフィルムの保香性を6種類の芳香物質を対象に比較評価され、樟脳香、はっか香に対しては、4種類とも4週間以上のバリア性をもつが、ジャスミン香、木香、ばら香では差異があり、良好なものからPAN、EVOH、PET、KOPPの順になることが報告されています。各種フィルムの芳香性の評価は、官能検査によっても行われています。他の方法として、機器分析などを応用した特定香気成分のプラスチックに対する透過特性評価や収着特性評価があります。dーリモネンは、柑橘類の果皮油の大部分を占めるテルペン系炭化水素で、香気成分を代表する物質です。この物質の包材に対する透過性や収着性を評価することは、包材設計に重要であるため、多くの報告が寄せられています。